JAとは

JAとは、相互扶助の精神のもとに農家の営農と生活を守り高め、よりよい社会を築くことを目的に組織された協同組合です。

この目的のために、JAは営農や生活の指導をするほか、生産資材・生活資材の共同購入や農畜産物の共同販売、貯金の受け入れ、農業生産資金や生活資金の貸し付け、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置、あるいは万一の場合に備える共済等の事業や活動を行っています。

JAには、JAの基本的な価値・役割や新たなJA運動の展開方向を探るため、組合員・役職員の共通の理念として、「JA綱領」というものがあります。「JA綱領」には、JAが農業と地域社会に根ざした組織として、農業はもちろん、食や緑、さらには環境・文化・福祉を通して地域社会とともに歩む存在であることが記されています。

JAについて詳しくはこちら


JAの自己改革


JAあいち知多は、農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化の3つの目標の実現に向け、自己改革に取り組んでいます。

JAあいち知多の取り組み


「農業をやりたい!」と思ったら
JAと地域が新規就農者を支援します


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2017年4月号


空白区切り

お米の全量買取始めます
新たな米販売への取り組み



組合員向け広報誌「あぐりっ子」2017年5月号


空白区切り

農業振興と地域の活性化に向けた
JAあいち知多の取り組み


JAあいち知多の取り組み

JAあいち知多の取り組み

JAグループが自己改革をすすめています

JAグループが自己改革をすすめています


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2017年7月号


空白区切り

チャレンジする農家をサポート
JAあいち知多の営農支援対策


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年4月号


空白区切り

産直出荷者の支援体制を強化
地産地消を進め、地域農業を応援します


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年6月号


空白区切り

平成29年度のJA自己改革の取り組み
農業者の所得増大、農業生産の拡大を目指して


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年7月号


空白区切り

農業生産の拡大と
地域の活性化


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年9月号


空白区切り

ブランド力強化で
農業者の所得増大


組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年10月号


空白区切り

「知多米」のおいしさをPR

組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年11月号


空間区切り

活用しています
農業チャレンジサポート事業



組合員向け広報誌「あぐりっ子」2018年12月号


JAあいち知多は、地域農業の発展と地域活性化に貢献するため、多岐にわたる事業を行っています。「JAあいち知多は、農業や地域にとってなくてはならない存在」だと組合員をはじめ多くのみなさまに思っていただけるよう、自己改革に取り組んでいます。