1人ひとりが主役・JAあいち知多女性部

「健康」「福祉」「文化」「環境」をキーワードに自主的に


JAあいち知多女性部はJAをよりどころに集まった女性の組織です。部員1人ひとりが自主的に参加し、自主的に運営し、部員同士のふれあいを大切にしています。「1人ひとりが主役」であることを合言葉に、部員の知恵をJAに結集し、女性の声をJA運営に反映させる組織です。

健康で豊かな仲間づくり女性大学「とまとカレッジ」「ぷちとまカレッジ」


 JAあいち知多女性部では活動の一層の活性化をめざし、部員のさらなるスキルアップを図るために女性大学を開校しています。
2018年度は 女性部員を対象にした「とまとカレッジ」と
女性部ぷちとまくらぶ部員を対象にした「ぷちとまカレッジ」を開催しています。


魚のさばき方学ぼう イワシなど三枚おろしに


 JAあいち知多は9月28日、本店3階の調理室で女性大学「ぷちとまカレッジ」の2回目の講座として料理セミナーを開きました。受講者ら12人が参加して、魚の三枚おろしの基本を学びました。
 ぷちとまカレッジは子育て世代の女性部員を対象にした「ぷちとまくらぶ部員」が通年で参加する女性大学。今年は7月から来年2月に掛けて全5回の講座でマネースキルアップや園芸、料理、健康について学ぶものです。
 この日のテーマは「魚のさばき方をマスターしよう」。受講者は地元で仕出し店を営む岩田賢一さんの指導で、サワラの幼魚サゴシとイワシの「三枚おろし」に挑戦。岩田さんは「包丁は刃先だけでなく、刃全体を使います」とアドバイス。サゴシはムニエルに、イワシは刺身に仕上げました。
 受講者は「魚料理はするけど、三枚おろしは初めて。しっかり学びたい」と話しました。

そのほかの主な活動

食農出前講座

食農出前講座のページへ

地域活動

グループ活動