オリジナル交通安全旗を寄贈

オリジナル交通安全旗を寄贈
各教育委員会に3100本

前田組合長(左)から横断歩道交通安全旗を受け取る山本教育長

JAあいち知多はマスコットキャラクター「つっちーた」をデザインしたオリジナルの横断歩道交通安全旗を作製し、知多半島内5市5町の教育委員会に寄贈しました。3月2日には市町を代表して美浜町教育委員会で寄贈式を行いました。
 同JAがオリジナルで横断歩道交通安全旗を作るのは今回が初めて。旗には同JAのマスコットキャラクター「つっちーた」と「あぐりん」がデザインされ、大きさや材質、柄の長さが違う3種類を用意。市町の教育委員会で取りまとめた希望数に合わせ、合計で3千100本を贈りました。
 美浜町役場で行った寄贈式では、同JAの前田隆組合長が「次代を担う子どもたちの交通事故防止に役立ててください」と活用を呼び掛けると、美浜町教育委員会の山本敬教育長は「子どもたちを守るために有効に活用します」と答えました。
 横断歩道交通安全旗は3月15日ごろに、各市町の教育委員会に納入する予定です。


  • 前へ