みはまっこ出番

みはまっこ出番
糖・酸バランスよくコクのある味


「みはまっこ」を選別する鵜飼組合長

 JAあいち知多のハウスみかん部会が栽培するブランドハウスみかん「みはまっこ」の出荷が6月13日に始まりました。春以降好天に恵まれ例年より5日ほど生育が早く着色が進んでいます。徹底した水分と加温の管理で糖度と酸味のバランスがよく、コクのある味に仕上が理ました。13日には知多郡美浜町にあるJAあいち知多美浜みかん共選場におよそ750キロの「みはまっこ」を持ち込み、選果機を使って階級ごとに選別し、中京や関東の市場に送りました。
 「みはまっこ」はJAあいち知多のブランドハウスミカンで、美浜町を中心に栽培している。平均糖度13度以上と、全国トップクラスの高糖度で、紅色を帯びた鮮やかなオレンジ色が特徴。今年は同JAのハウスみかん部会の部会員20人のうち14人が出荷を予定。栽培面積は3.1ヘクタールで、9月末までに例年並みの145トンの出荷を見込んでいます。
 今年の初出荷に向けてあいち知多かんきつ出荷組合の鵜飼泰弘組合長は6月11日、紅色(濃いオレンジ色)に色づいた「みはまっこ」を収穫。自宅の倉庫で傷の有無、着色、大きさなどの出荷規格に合わせて家庭選別を行いました。
 鵜飼組合長は「手間は掛かるが一つ一つ家庭で選別するからこそ、高品質でそろったミカンが出荷できる」と家庭選別の重要性を説明。「これだけコクがあり、紅色が乗ったミカンはほかにはない」と仕上がりに自身を見せています。


  • 前へ