知多半島を桜の名所に/知多半島 桜一万本プロジェクト

 JAあいち知多は20周年の記念事業として、知多半島を桜の名所にすることを目指して、「知多半島 桜一万本プロジェクト」を始動させます。
 知多半島「花半島事業構想」に基づく当JAの花半島事業は、県・JAあいち知多管内5市5町、花き協議会等の関係機関が一体となり、農業振興・地域振興を踏まえながら、四季を通じて花きの咲き乱れる知多半島を目指し、「花いっぱい運動」に取り組んでいます。「知多半島 桜一万本プロジェクト」は「花いっぱい運動」の一環として行います。
 JAあいち知多管内(5市5町)に桜を植樹する場所が確保できるJAあいち知多の組合員とその家族、組合員が参加する地域のコミュニティ等の希望者が対象。愛称を「JA桜」として無料で桜の苗木を寄贈し、10年後、20年後に知多半島が桜の名所となることを目指して実施します。苗木の種類は「ソメイヨシノ」。今年度より千本を上限とし、合計一万本の苗木を配布するまで毎年継続して実施します。
 今年度第1期の受付期間は、令和元年7月1日から令和元年9月30日。桜の植樹時期は11月から12月を予定しています。
 申込先は、JAあいち知多の本・支店またはふれあい業務課。



  • 前へ
  • 次へ