贅沢「知多牛カレー」発売

贅沢「知多牛カレー」発売
12月1日からグリーンセンターなどで


12月1日から販売を始める「農協が作った 知多牛カレー

 JAあいち知多は知多半島で大切に育てたブランド牛「知多牛」の肉を使ったオリジナル加工品「農協が作った 知多牛カレー」の販売を12月1日から始めます。グリーンセンターなどで販売するほか、JAの記念品や贈答用としても活用し知多牛の一層のPRを図ります。
 「農協が作った 知多牛カレー」は知多半島で大切に育てた「知多牛」を使用した贅沢なビーフカレー。知多牛のとろけるような食感と旨み、タマネギをふんだんに使ったオニオンソテーの甘さを生かし、女性や子どもにも食べやすいようにマイルドに仕上げました。レトルトパック入りで5から7分間熱湯で温めるか、中身を耐熱容器に移して約2分(500ワットの場合)温めるとおいしく頂けます。
 1箱の内容量は一人前で180グラム入り。販売価格は500円(税込)。JAあいち知多のグリーンセンター、グリーンプラザ、げんきの郷などで販売します。
 同JA農産加工課の担当者は「知多牛をPRするとともに、知多半島産のお米「知多米」とのセット販売も検討していきたい」と話しています。


  • 前へ
  • 次へ