青年部の紹介

若き農業青年の組織です。地域の皆さんと農業体験などを通じて食と農の魅力を発信しています。

青年部とは


JA青年部シンボルマーク

農業を拠り所に集まった若き農業青年の組織です。
地域農業の担い手として、豊かな農業と活力のある地域づくりを目指し、様々な活動を行っています。 また、農家と地域、消費者との懸け橋として、地域の皆さんと農業体験などを実施し、食と農の魅力を発信しています。

JA全青協へはこちら

青年部では一年を通じて様々な活動を行なっています

○青年部地域間の交流会
○各種学習会・研修会の開催、部員相互の視察研修
○地域で開催される農業・産業まつりや地域イベントへの参加
○愛知県域青年部活動への参加(ソフトボール大会、たて看板コンクール、発表大会、視察交流会など)

活動のご紹介


食農教育活動の取り組み

次世代を担う子供たちや地域住民を対象に、農業体験を通した農業理解活動として食農教育に取り組んでいます。
休耕田を活用したもち米栽培を園児と行ったり、餅つき体験を通し「農と食」に触れる機会を設けたりしています。


部員相互視察を通した相互研鑽

知多半島内の青年部員が経営する農業現場の相互視察を開催し、情報の交換・共有を行っています。生産する農作物は違っても、同じ苦労を共有する仲間として理解を深め、それぞれの経営に役立てています。


ポリシーブックを通した活動の共有と発信

ポリシーブックとは青年部員一人ひとりが営農や地域活動をしていく上で抱える課題や疑問点について、盟友同士で解決策を検討している「青年部の政策・方針集」となります。
JAあいち知多青年部は5市5町にそれぞれ支部があり、計10地域で活動を行っています。平成25年度には全地域でポリシーブックを作成し、青年部員の意見の発信や青年部員同士での意識の共有を図っています。

地域活動

大府地域


一緒に活力ある地域づくりをしませんか


JAあいち知多青年部では新しい仲間を募集しています。
加入資格は原則として知多半島内5市5町に居住し、農業に従事するもしくは従事する予定の青年で、本組織の目的に賛同いただける18歳以上39歳までの方です。
お問合せは、JAあいち知多の各営農センターまでお願いいたします。

各営農センターはこちら