令和元年度 上半期ディスクロージャー

令和元年度 上半期ディスクロージャー
  1. JAあいち知多の概要
  2. 地域貢献情報
  3. 主な事業のご案内
  4. 主要勘定等の状況
  5. 貸出金業種別残高
  6. 有価証券の時価情報等
  7. 各種共済契約高
  8. 金融再生法開示債権(単体)
  9. 単体自己資本比率(国内基準)
  10. TOPICS トピックス
1.JAあいち知多の概要
名称 あいち知多農業協同組合
代表理事組合長 前田 隆
所在地(本部) 愛知県常滑市多屋字茨廻間1-111
支店数 北部ブロック 大府事業部 6ヵ所
東浦事業部 4ヵ所
東海事業部 7ヵ所
中部ブロック 阿久比事業部 4ヵ所
知多事業部 9ヵ所
常滑事業部 8ヵ所
南部ブロック 半田事業部 6ヵ所
武豊事業部 4ヵ所
美浜事業部 6ヵ所
南知多事業部 3ヵ所
職員数 1,086人
組合員数 正組合員 15,993人
准組合員 63,615人
出資金 7,095百万円
(注) 職員数は出向者、休職者および常勤嘱託等を含んでおり、被出向者、派遣職員および臨時的 または季節的雇用者を含んでいません。
ページトップへ戻る
2.地域貢献情報
(1)これまでの取り組み
4月~2月 健康ウォーキング大会
4月28日・
5月11日・19日
少年サッカー大会
5月~9月 学校教育への地元産米(知多米)提供
5月~9月 廃ビニール回収
5月~9月 夏休み作品コンクール(図画・書道・交通安全ポスター)
5月26日~27日 介護付き一泊バス旅行「ふれあい安心旅行」
6月9日 アイアンマン(セントレア知多半島ジャパン) ボランティア参加
7月7日・14日・20日 農機具の日常メンテナンス実演指導講習会(3会場)
7月21日 福祉まつり(福祉施設5施設)
7月28日・8月3日・4日 少年野球大会
7月28日 高齢者福祉施設大地の丘 大地の丘まつりボランティア参加
8月3日・9月7日 JAまるごと親子体験(第1回・第2回)
9月7日・8日 姉妹JA(あいち知多・木曽・ながの)少年スポーツ交流大会
9月27日 ジャンボカボチャ・ジャンボスイカコンテスト(一般の部)
9月29日 JA共済アンパンマン交通安全キャラバン

(2)これからの取り組み
10月~12月農業・産業まつり
10月~12月女性部による募金運動
10月~12月ジャンボカボチャ・ジャンボスイカコンテスト(小学校の部)
10月5日・11月23日JAまるごと親子体験(第3回・第4回)
11月不要農薬回収
11月~12月廃ビニール回収
12月保育園・こども園・幼稚園へ花苗「パンジー」配布
12月8日東海シティマラソン ボランティア参加
12月7日・13日・17日・1月21日家庭果樹向け「ふれあい剪定講習会」(4会場)
12月15日フィーリングパーティー(JAらしさを出した「婚活」パーティー)
1月11日管内学校栄養教諭を対象とした「食農教育研修会」
2月農機具の日常メンテナンス実演指導講習会(3会場)
3月7日ソフトバレーボール大会
3月「JAバンク アグリ・エコサポート基金」で作成した食農教育用教材を
管内小学校(新5年生対象)へ贈呈
(3)年間を通した取り組み
支店活動(各支店での組合員・利用者とのつながりを深める活動)
女性部による食農出前講座
花半島事業 幹線道路沿線への菜の花・コスモスの植栽
健康管理活動(組合員健康診断・人間ドック・厚生連(知多厚生病院)との連携による健康管理活動)
助け合い組織「ぬくもりの会」支援(ミニデイサービス・声掛け訪問活動・福祉施設でのボランティア)
母子生活支援施設 半田同胞園ボランティア活動
エコキャップ回収活動
管内学校給食へ地元農産物の提案
(4)清掃活動
5月26日 大府事業部管内施設周辺
7月15日 半田中央埠頭周辺
8月17日 知多市佐布里梅の館周辺
8月31日 美浜支店周辺の幹線道路
9月7日 南知多支店周辺
9月21日 常滑事業部管内施設周辺の幹線道路
10月19日 東浦事業部管内施設周辺
10月19日・20日 阿久比事業部管内施設周辺
10月26日 武豊町臨海緑地周辺
ページトップへ戻る
3.主な事業のご案内
信用事業 信用事業は、貯金・融資・為替などのいわゆる銀行業務といわれる業務を行っています。
共済事業 共済事業は、生命・医療・建物・自動車などのいわゆる保険業務といわれる内容の業務を行っています。
購買事業 購買事業は、農業生産に必要な資材と生活に必要な物資を「安全・安心・高品質」で供給する業務を行っています。
販売事業 販売事業は、組合員農家の生産する農産物を効率的に集荷・選別し、市場・小売店等に対し計画的に出荷・販売する業務を行っています。
指導事業 営農指導事業は、農産物生産にかかる営農について、専門職員(営農指導員)を配置して指導し、その改善と地域における総合的な農業生産力の向上を図るための業務に取り組んでいます。
生活指導事業は、生活全般について指導し、組合員や地域社会の生活改善と向上を図るための業務に取り組んでいます。
ページトップへ戻る
4.主要勘定等の状況

(単位:百万円)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
貯金 1,196,247 1,179,479 1,172,805
貸出金 168,308 168,847 172,835
預金 1,029,980 1,006,430 1,002,158
有価証券 32,585 33,177 34,001
長期共済保有契約高 1,940,783 1,965,541 1,991,385
ページトップへ戻る
5.貸出金業種別残高

(単位:百万円、%)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
農業・林業 5,193(3.1) 5,245(3.1) 5,467(3.2)
水産業 37(0.0) 85(0.0) 66(0.0)
製造業 1,528(0.9) 1,660(1.0) 1,813(1.1)
鉱業 4(0.0) 4(0.0) 5(0.0)
建設・不動産業 58,145(34.5) 59,050(35.0) 64,705(37.4)
電気・ガス ・熱供給水道業 143(0.1) 155( 0.1) 148(0.1)
運輸・通信業 71(0.0) 95(0.0) 110(0.1)
金融・保険業 7,911(4.7) 7,911(4.7) 9,493(5.5)
卸売・小売・ サービス業・飲食業 5,309(3.2) 5,570(3.3) 5,868(3.4)
地方公共団体 9,576(5.7) 9,550(5.7) 10,268(5.9)
非営利法人 -(0.0) -(0.0) -(0.0)
その他 80,377(47.8) 79,508(47.1) 74,880(43.3)
合 計 168,308(100.0) 168,847(100.0) 172,835(100.0)
(注) (    )は構成比です。
ページトップへ戻る
6.有価証券の時価情報等

【有価証券】

(単位:百万円)

保有区分 令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末

取得
価額

時価

評価
損益

取得
価額

時価

評価
損益

取得
価額

時価

評価
損益

売買
目的
満期保有目的
その他 30,853 32,585 1,732 31,502 33,177 1,674 32,331 34,001 1,669
合計 30,853 32,585 1,732 31,502 33,177 1,674 32,331 34,001 1,669
(注) 1. 時価は、当該月末日における市場価格等に基づく時価としています。
2. 取得価額は、取得原価または償却原価によっています。
3. その他有価証券については、時価を貸借対照表価額としています。
ページトップへ戻る
7.各種共済保有契約高
(1)長期共済保有契約高

(単位:百万円)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
生命総合共済 688,624 706,454 722,988
建物更生共済 1,252,159 1,259,087 1,268,397
合  計 1,940,783 1,965,541 1,991,385
(注) 「生命総合共済」欄の保証金額は、生命総合共済開始以前(平成5年度以前)に契約された養老生命、こども、終身等の各共済契約の合計金額を含めた金額を表示しています。
(2)医療系共済の入院共済金額保有契約高

(単位:百万円)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
医療共済 148 148 149
がん共済 54 54 54
定期医療共済 11 12 12
合  計 213 214 215
(注) 保障金額は、入院共済金額を表示しています。
(3)介護共済・生活障害共済の共済金額保有契約高
令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
介護共済 13,272 12,538 12,098
生活障害共済(一時金型) 679 134 96
生活障害共済(定期年金型) 84 24 17
(注) 保障金額は、介護共済は介護共済金額、生活障害共済は生活障害共済金額または生活障害年金額を表示しています。
(4)年金共済年金保有契約高

(単位:百万円)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
年金開始前 14,455 13,811 13,090
年金開始後 6,233 6,381 6,488
合  計 20,688 20,192 19,578
(注) 保障金額は、年金年額(利率変動型年金にあっては最低保証年金額)を表示しています。
(5)短期共済新契約高

(単位:百万円)

令和元年9月末 平成31年3月末 平成30年9月末
自動車共済 911 1,887 942
自賠責共済 224 452 218
ページトップへ戻る
8.金融再生法開示債権(単体)

(単位:百万円、%)

債権区分 令和元年9月末 平成31年
3月末
平成30年
9月末
  H31
3月比
H30
9月比
破産更生債権及び
これらに準ずる債権
1,452 95.6 73.4 1,518 1,978
危険債権 2,021 99.7 89.8 2,027 2,249
要管理債権 672 92.5 96.7 726 695
正常債権 164,245 99.7 97.7 164,686 168,022
合 計 168,392 99.6 97.3 168,958 172,946
(注) 1. 債権額は、貸出金・信用未収利息(信用事業与信元本にかかるもののみ)・信用仮払金等、信用事業与信額(要管理債権は貸出金のみ)を対象として開示しています。なお、各債権の定義は以下の通りです。
破産更生債権及びこれらに準ずる債権
  破産、会社更生、民事再生等の事由により経営破綻に陥っている債務者に対する債権およびこれらに準ずる債権です。
危険債権
  債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態および経営成績が悪化し、契約に従った債権の元本の回収および利息の受取りができない可能性の高い債権です。
要管理債権
  3ヵ月以上延滞貸出債権(①および②に該当する債権を除く。)および貸出条件緩和債権(①および②に該当する債権や3ヵ月以上延滞債権を除く。)です。
正常債権
  債務者の財政状態および経営成績に特に問題がないものとして、①から③に掲げる債権以外のものに区分される債権です。
2. 令和元年9月末の債権額については、次の方法により算出しています。
各債権区分は、平成31年3月末時点の債権額を基準として、令和元年9月末時点の残高に修正しています。
債務者区分は、平成31年3月末を基準として、令和元年9月末までの債務者の状況等の変化に基づき変更しています。
ページトップへ戻る
9.単体自己資本比率(国内基準)
令和元年9月末(仮決算) 平成31年3月末 平成30年9月末(仮決算)
19.16% 19.07 % 19.90 %
(注) 「農業協同組合等がその経営の健全性を判断するための基準」(平成18年金融庁・農水省告示第2号)に基づき算出しております。
ページトップへ戻る
10.TOPICS トピックス
特になし
ページトップへ戻る