知多の特産品<果物>

野菜や果実、畜産物、花など知多半島には全国に誇る様々な特産品があります。

一年中温暖な気候を活かした、知多ならではの特産品をご紹介します。

全国の4割を占める愛知のイチジク


愛知の30%が知多のいちじく
 全国のイチジクの20%は愛知県で生産されています。知多半島は県下で2位の産地で、東海市、知多市、常滑市、美浜町、南知多町での栽培が盛んで、101戸の生産者が栽培しています。露地・ハウスを合わせて31ヘクタールで栽培し、年間 530トンを中京、京浜地域に出荷しています。出荷時期はハウス物は4~8月、露地物は8~11月となります。
 管内で栽培されている品種はサマーレッドが7割、桝井(ますい)ドーフィンが3割です。

動画はこちら

甘くておいしい「みはまっこ」&さわやかジューシーな「さわみっこ」


夏に食べるおいしいミカン
 「みはまっこ」「さわみっこ」は美浜町、南知多町で作られているハウスミカンのブランドです。
 管内での作付面積は8.2ヘクタール、収穫量は約430トンです。品種は「宮川」が9割、「興津」が1割で、全体の6割が名古屋へ、3割が東京に出荷されて います。出荷時期は6月上旬から9月下旬までですが、7月中旬と8月中旬にピークを迎えます。
 「みはまっこ」は甘味にこだわった高級ハウスみかんとして 定評があります。また、平成21年からほどよい甘さと酸味が味わえるハウスみかん「さわみっこ」をブランド化しました。

「みはまっこ」のお問い合わせはかんきつ出荷組合までお願いします。

動画はこちら

甘みが強くみずみずしい巨峰


知多のブドウは巨峰が9割
 管内でのブドウの栽培面積は110ヘクタールで、主に大府市、東浦町、東海市で栽培されています。ブドウは本来比較的やせた土地や乾燥地でも栽培でき、知多半島では北東部の丘陵地帯で栽培が盛んです。
 栽培品種の構成は 巨峰80%、デラウェア5%、その他(シャインマスカット、安芸クイーンやピオーネなど)が15%です。収穫時期はハウス物が7月下旬から、露地ものが8月上旬から9月中旬までで、8月15日から25日が巨峰の最盛期となります。
 農家が直売することも多く、収穫時期には大府市や東浦町の道路沿いで、採れたてのブドウを買うことができます。ちなみに、愛知県、福岡県は気候が温暖なため収穫時期が早く、長野県や山梨県より一足先に露地物を味わえます。

キウイフルーツ


緑鮮やかな品種「ヘイワード」
知多地域のキウイフルーツは11月中旬から下旬にかけて収穫・選別し、年明けのころから本格的な出荷が始まります。品種は果実の色が緑鮮やかな「ヘイワード」。農林水産省のガイドラインに基づきJAあいい経済連が認証した『特別栽培農産物』としても出荷しています。

動画はこちら