ハウスミカン「みはまっこ」出番/家庭選別を徹底

 あいち知多かんきつ出荷組合は6月10日、JAあいち知多美浜みかん共選場でブランドハウスみかん「みはまっこ」の出荷を始めました。仕上がりに重要なGW以降に雨が少なく極端な高温もなかったため甘く品質は良好。9月中旬までに例年並みの140トンの出荷を見込みます。
 「みはまっこ」はJAあいち知多のブランドハウスみかんで、美浜町を中心に栽培しています。平均糖度13度以上と、全国トップクラスの高糖度で、紅色を帯びた鮮やかなオレンジ色が特徴。今年は同JAのハウスみかん部会の部会員17人のうち14人が出荷を予定。栽培面積は3ヘクタール。
 出荷初日は農家が家庭選別した「みはまっこ」1400キロを選果場へ持ち込み、選果機を使って果実の大きさごとに3Sから3Lまでの7階級に選別。さらに担当者が傷や色をチェックしながら段ボール箱や贈答用の化粧箱に1個ずつ丁寧に詰めました。
 同出荷組合の久保和彦組合長は「生産者は妥協せず厳しい家庭選別を徹底している。高品質のものだけを出荷しているのでぜひ味わってほしい」と自信を見せます。
 「みはまっこ」は東京、名古屋の市場へ出荷されるほか、同JAのグリーンセンターでも販売します。



  • 前へ